このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブサプリについて

ハーブの成分が配合されているようなサプリメントも、多数販売されています。
ハーブと言うのは、私たちはもともと、民間薬草のような、家庭用の治療薬として使ってきたところがあります。
例えば、ハーブの中の一種に、オトギリソウと言う成分があります。
オトギリソウは日本人は昔から、焼酎につけたオトギリソウを傷口に塗ることで、消毒をしてきました。
またオトギリソウを煎じて飲むことによって、気分が沈んでしまったのをいやす効果もあったと言われています。
ちなみにオトギリソウと言うのは、セントジョーンズワートと海外では呼ばれています。
市販されているサプリメントを見てみると、セントジョーンズワートが配合されているサプリが、ストレス解消のために販売されていることも多いです。
このように、ハーブの中には、日本名と西洋名とが別々に表記されていることも少なくありません。
ですから、どのサプリメントを摂取すればいいのか、混乱をしてしまうこともありますので、しっかりと本名と西洋名が一致できるようにしておきましょう。
またハーブのサプリメントですが、他の商品と同様で、成分を凝縮して、錠剤やカプセル状にしているケースが多いです。
しかしハーブの成分の中には、漢方の原料であったり、薬草のような性質のような成分もあります。
ですから、あまり頻繁に摂取をしていると具合が悪くなってしまう可能性があります。
特に持病があって、何らかの薬剤を常用している人は、組み合わせが悪いと、いろいろな症状が出てきてしまうこともあります。
ですから、薬剤を常用している人は、医者にハーブ系のサプリメントを摂取しても問題がないかどうか、しっかりと確認をすることをお勧めします。
しかしハーブは、もともとは植物由来の成分ですから、薬剤とは異なります。
このためちょっとハーブのサプリメントを摂取した所で、即効性を期待することは難しいでしょう。
徐々に効果が出てくるもしくは、体質が改善をされることが多いので、じっくりと摂取をすることに努めてみましょう。
副作用のリスクについて、上のような常備薬を抱えている人の場合には、それなりにあります。
しかし普通に生活をしている人の場合、容量を無視して、一度に大量に摂取してしまったというような事態でもない限り、副作用を起こす心配はまずないと言っても良いでしょう。
ラベルのところに、用量などが書かれていると思います。
そのルールをきちんと守って摂取するようにしましょう。
Copyright (C)2019安全に摂取してますか?サプリメントの正しい知識.All rights reserved.